布多天神社

Fudatenjin Shrine

布多天神社について

About Fudatenjin Shrine

多摩地域でも有数の古社、ご利益は学問成就・商売繁盛

平安時代の中頃に制定された法典「延喜式」にも名を連ねる多摩地方有数の古社で、社伝によると約1940年も昔に創建されたといいます。
室町時代の中頃に現在の地に移され、その時に御祭神・少名彦命と合わせて菅原道真公をお祀りしました。
学問成就、商売繁盛などのご利益で知られ、「本殿」、「太閤秀吉の制札」、「市内最古の狛犬」は市の指定文化財とされています。


毎月25日にある例祭では神楽の奉納が行われ、参道には市が立ち並び、天神の市として親しまれています。
また、「墓場鬼太郎」第5巻「おかしな奴」という話の中で、神社の奥の雑木林に鬼太郎が住んでいるとされています。


施設のご案内

Guidance of the precincts

布多天神社の場所

Fudatenjin Shrine