水木マンガの生まれた街(調布駅周辺)

Mizuki Manga's birthplace

水木マンガの生まれた街(調布駅周辺)について

About Mizuki Manga's birthplace

水木マンガの生まれた街

水木しげるさん
市内でよく見かける、「ゲゲゲの鬼太郎」。

作者の水木しげるさんは、50年以上市内に在住され、様々な形で調布市の発展に寄与していただいています。
平成27年11月30日にご逝去された水木さんは漫画家として50年以上の経歴を持ち、数多くの作品を世に出されており、特異な世界や妖怪たちを独特の感性で親しみをこめて描いてこられました。

昭和34年に調布市民になられたことを機に、図書館だよりの表紙絵の原画の提供や、市内を走るミニバスの車体に描かれた鬼太郎ファミリー、天神通り商店街のオブジェ、深大寺の鬼太郎茶屋などが多くの市民に親しまれています。

多くの市民から愛され、親しみをもって受けとめられていることから、平成20年3月に市から調布市名誉市民の称号が贈られました。

街は鬼太郎でいっぱい


【天神通り商店街】
調布駅北口交差点近くの旧甲州街道から布多天神社への参道にある、天神通り商店街では、鬼太郎と仲間たちのキャラクター・モニュメントに出会うことができます。

【調布駅北第1自転車駐車場】
旧甲州街道沿いにある調布駅北第1自転車駐車場(布田1-28-3)の外観に大きく鬼太郎たちが描かれています。

【妖怪ポスト】
鬼太郎と猫娘が壁面に描かれた調布駅北第一自転車駐車場に妖怪ポストはあります。投函すれば、水木さんや鬼太郎のいる世界に届くかもしれません。

【鬼太郎マンホール】
放置自転車や歩きたばこの禁止、マナー向上を訴える6種類のデザインマンホールが調布駅北口から甲州街道までの歩道に設置されています。

【鬼太郎バス】
市内3路線を走る調布市ミニバスの車体には、鬼太郎とその仲間たちが描かれています。「鬼太郎バス」の愛称で親しまれ、地域の足として市内を駆け巡っています。

(c) 水木プロダクション

施設のご案内

Guidance of the precincts

水木マンガの生まれた街(調布駅周辺)の場所

Mizuki Manga's birthplace