新原・奴山古墳群

Shimbaru-Nuyama Mounded Tomb Group

新原・奴山古墳群について

About Shimbaru-Nuyama Mounded Tomb Group

新原・奴山古墳群


平成29年に世界文化遺産に登録された「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の構成資産です。

古代豪族の宗像氏が築いた古墳群で、前方後円墳5基、円墳35基、方墳1基からなる計41基の古墳が良好な状態で残されています。

施設情報

  • 【住 所】 福津市勝浦 (新原・奴山地区)
  • 【電 話】 0940-42-9988 (福津市観光協会)

施設のご案内

Guidance of the precincts

新原・奴山古墳群の場所

Shimbaru-Nuyama Mounded Tomb Group