歌川広重の作品が集められた美術館

浮世絵師として有名な歌川広重の作品が集められた美術館。
江戸時代後期に活躍した初代広重から4代までの肉筆画や錦絵が展示されています。
特に「東海道五十三次」で知られる初代歌川(安藤)広重が、財政難にあえぐ天童藩主の依頼によって描いた「天童広重」と呼ばれる双幅は大変貴重な作品です。