茅葺きのお寺に心和む境内

吾妻鏡に記された北条義時の危機を救った霊験(れいげん)をもつ戌神将を祀った大倉薬師堂が、覚園寺の前身とされています。
1296(永仁4)年に北条貞時が元寇の再来がないように願い智海心慧律師を開山として建立し真言・天台・禅・浄土の四宗を学べる道場としました。
現在の薬師堂に安置されている十二神将は室町時代のものですが、鎌倉武家の信仰を今日まで受け継ぐ寺院の一つです。

※ 新型コロナウイルスで拝観案内・日時を変更しています。事前にホームページで確認して参拝ください。