東海道箱根旧街道 石畳

Old Tokaido Road・Old Hakone Road

東海道箱根旧街道 石畳について

About Old Tokaido Road・Old Hakone Road

往時に近い形で石畳を整備

箱根旧街道は、江戸時代の初めに江戸から太平洋沿いに京都まで至る街道として徳川幕府が整備した東海道の一部です。

江戸幕府が1680年に、二間幅(約3.6m)で石を敷きつめる整備を行った石敷きの道。

石畳の両側には、松や杉の木が植えられています。

山中地区から笹原地区まで約2kmの区間を、往時に近い形で石畳を整備してあります。

箱根旧街道は、三島宿から箱根峠を登り、小田原宿まで下る八里(約32km)の街道で箱根八里と言われました。

「箱根の山は天下の険」と歌にも歌われたように、東海道第一の難所といわれ、このうち、三島宿から箱根峠を越え、箱根関所までの区間を西坂ともいいます。

施設のご案内

Guidance of the precincts

東海道箱根旧街道 石畳の場所

Old Tokaido Road・Old Hakone Road