塩の道 ちょうじや

かつて糸魚川から大町市に海と山をつないで塩や海産物を運んだ「千国街道=塩の道」。
この街道の宿場町として栄えた大町で、江戸時代から塩問屋を営んでいた旧平林家が、現在の「塩の道ちょうじや」です。
当時の文化や人々の暮らしを知ることができます。
文部科学省の国登録有形文化財に登録されているちょうじやでは、和服体験、日本文化体験(お抹茶点て、大町の3つの酒蔵日本酒飲み比べなど)を味わうこともできます。