江戸時代の町並みが奇跡的な広さで残されています

かつて「大和の金は今井に七分」といわれるほど繁栄した町。
中世にできた寺内町で江戸時代の町並みが奇跡的な広さで残されています。
多くの古民家が現存している今井町の町並みは、歴史的風致を形成している伝統的な建造物群の中でも特に価値の高いものとして「重要伝統的建造物群保存地区」の選定を受けており、その広さは全国最大規模です。