日本最古の国道交差点

日本最古の国道交差点。
古代からの交通の要衝であり、古代の幹線道路であった「下ツ道」と「横大路」の交差点にあたります。
江戸時代にはお伊勢参りや大峯山への参詣巡礼などで大いに賑わい、横大路を含む河内から伊勢に通じる道は「伊勢街道」や「初瀬街道」とも呼ばれました。
八木札の辻にかつてあった旅籠が「八木札の辻交流館」として現在は見学することができます。