三四郎島のトンボロ

Tombolo

三四郎島のトンボロについて

About Tombolo

はじめに

三四郎島のトンボロ
静岡県西伊豆町の三四郎島は、象島・中ノ島・沖ノ瀬島・高島の4つの島の総称で、堂ヶ島の沖合い200m程のところにあります。

沖ノ瀬島と中ノ島は潮が引くとつながるので、1つに数え「中ノ島」と呼ぶこともあます。

トンボロ現象とは

干潮時には、陸地から一番近い象島まで幅30mほどの岩場が現れる「トンボロ現象」が発生し、足を濡らさずに歩いて渡ることが出来ます。

トンボロ現象とは、普段は海によって隔てられている陸地と島が、干潮時にのみ隔てていた海底が現れ繋がる現象のことで、フランスのモン・サン=ミシェルなどが有名です。

潮位が50㎝以下であれば、トンボロを見ることができます。

「トンボロ渡り」


干潮時の潮位が30cm以下であれば「トンボロ渡り」を体験することができます。

三四郎島に続くトンボロは足場が悪いため、歩きやすい靴をご用意ください。

また、濡れている石は滑りやすいので、できるだけ乾いた所を歩くことをおすすめします。

トンボロが現れるのは干潮時刻前後の合計2~3時間ほどです。トンボロが細くなってきたらすぐに引き返しましょう。

情報

  • 【アクセス】 東名高速沼津I.C.から約 75km (約100分)
  • 【駐 車 場】 国道136号線沿い: 5台 (無料)、西伊豆町観光協会堂ケ島観光案内所周辺: あり (無料)
  • 【時  期】 3月~9月の干潮時 (10月〜2月は瀬が現れるほど潮が引きません)
  • 【電  話】 電話 0558-52-1114 (西伊豆町まちづくり課)
  • 潮位表はこちら西伊豆町HP

施設のご案内

Guidance of the precincts

三四郎島のトンボロの周辺

Around Tombolo

周辺情報

  • around 01
    天窓洞

    堂ヶ島は入り組んだ海岸線や、切り立った断崖、小さな島々など、変化に富んだ地形が見られる伊豆有数の景勝地です。
    その堂ヶ島における静岡県を代表する観光スポットが「天窓洞」です。
    全長147mの天窓洞は国の天然記念物にも指定されており、洞窟の中央の天井が丸く抜け落ちて、その名の通り「天窓」のようになっているのが特徴です。

    施設情報

    【住  所】 静岡県賀茂郡西伊豆町仁科字堂ヶ島
    【アクセス】 ① 東名高速道路沼津ICより車で約90分、② 伊豆急下田駅から堂ヶ島行きバス「堂ヶ島」停留所で下車
    【駐 車 場】 約300台(無料)
    【電話番号】 0558-52-1114 (西伊豆町まちづくり課)

  • around 02
    堂ヶ島温泉

    町内の海に山に点在する各温泉は、様々な景色を楽しむことができる癒しの温泉地です。
    「堂ヶ島温泉」は西伊豆を代表する景勝地にある温泉で、リアス式の変化に富んだ海岸や奇岩など、自然の魅力にあふれています。

三四郎島のトンボロの場所

Tombolo