木のぬくもりを感じる太宰府のおしゃれスタバでほっと一息

太宰府スターバックス
スタバのカップツリー
参照:ODAN

勉強や仕事場として、友人とのおしゃべりの場として、デートやゆったりとした一人時間を楽しむ空間として、今や全国各地で人々の憩いの場となっているスタバ

喫茶店離れが進む日本で不動の人気を得ている理由は、本格的なコーヒーが楽しめるのはもちろんのこと、「おしゃれ感」や季節ごとに出る限定フレーバーの「ワクワク感」

そしてその土地にあった「外観」や「雰囲気」に惹かれる人が多いからではないでしょうか。

コーヒーショップ
参照:ODAN

中でも全国に十数店舗しかないコンセプトストアは普通のスタバとは異なり、歴史や文化を色濃く取り入れ、外観やインテリアにも更にこだわった造りがスタバファンをうならせています。

今回はそんなコンセプトストアの一つ福岡県太宰府にある「太宰府天満宮表参道店」をGuidoorスタッフが訪れたので、レポしたいと思います。

太宰府へのアクセス

まずは太宰府へのアクセスを見ていきましょう。

福岡空港からのアクセス

🚋福岡空港から太宰府へ電車で🚋

福岡空港(福岡市地下鉄空港線)⇒天神(徒歩)⇒西鉄福岡(西鉄天神大牟田線)⇒西鉄二日市(西鉄太宰府線)⇒太宰府
【所要時間】約1時間 【料金】670円(現金優先)

🚌福岡空港から太宰府へバスで🚌

福岡空港国内線ターミナル(シャトルバス)⇒福岡空港国際線ターミナル(太宰府ライナーバス「旅人」)⇒太宰府
【所要時間】約40分(シャトルバス11分+太宰府ライナーバス「旅人」25分) 【料金】510円

博多駅からのアクセス

🚋博多駅から太宰府へ電車で🚋

博多駅(福岡市地下鉄空港線)⇒天神(徒歩)⇒西鉄福岡(西鉄天神大牟田線)⇒西鉄二日市(西鉄太宰府線)⇒太宰府
【所要時間】約55分 【料金】620円(現金優先)

🚌博多駅から太宰府へバスで🚌

博多バスターミナル⇒太宰府
【所要時間】約40分 【料金】610円

スターバックス太宰府天満宮表参道店へ潜入

では早速スターバックス太宰府天満宮表参道店へ潜入してみましょう!

太宰府スタバ外観
Guidoorスタッフ撮影

夕方に撮影したので少し薄暗い雰囲気ですが、日中はお店の前で記念撮影する観光客も多く、中も相当混雑しています。

ゆったり楽しみたい場合は太宰府天満宮参道のお店が閉店する17時以降が狙い目です。(大型連休中などは常に混雑しているので平日が狙い目)

スタバは20時まで開いているので安心です☕

さてこの外観を見て、建築に詳しい方はすぐお気づきになるのではないでしょうか。

太宰府スタバ外観
Guidoorスタッフ撮影

木の素材で造られた温かく日本の技術を体感できる空間。

このスタバのデザインは2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場ともなる新国立競技場をはじめ数多くの建築物を世に送り出している世界的に有名な建築家隈健吾氏が手掛けているのです。

隈健吾氏の最大の特徴とも言える木材を使った和の趣を大切にした建築美にまさかスタバで出会えるなんて…この場所が話題になっているのがよくわかりました👍

太宰府スタバ外観
Guidoorスタッフ撮影

スターバックス太宰府天満宮表参道店のコンセプトは「自然の素材による伝統と現代の融合」。

使われている木材は全て日本を代表する「スギ」。

そしてこの設計デザインの素晴らしいところは、一切釘を使用せず幾重にも木材が組まれている点です。

太宰府スタバ内装
Guidoorスタッフ撮影

店内は縦に奥行きがあり、外観と同じように木材が張り巡らされています。

スタバというよりもはや美術館のようなアート空間です。

ゆったりとした客席はいすやテーブルのデザインに至るまでこだわっているので、スタイリッシュなだけでなく心地よさも十分に感じられます。

太宰府スタバ限定品
Guidoorスタッフ撮影

そしてコンセプトストアで必ずチェックしたいのがその土地の限定グッズです。

福岡限定のマグやタンブラーは青と白のコントラストが映えるポップなデザインで目を引きます。

ぜひ太宰府に訪れた際は特別なスタバで至極のひと時を味わってくださいね。

スターバックスコーヒー太宰府天満宮表参道店

住所:福岡県太宰府市宰府3-2-43
TEL:092-919-5690
営業時間:8:00~20:00
定休日:不定休

番外編:隈健吾氏が手掛けたもう一つのスタバ

この投稿をInstagramで見る

スターバックス リザーブ®︎ ロースタリー 東京(@starbucksreserve_tokyo)がシェアした投稿

スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京 公式Instagram 

ここからは余談になるのですが、2019年2月に満を持して東京・中目黒にオープンした日本初世界で5番目(シアトル、上海、ミラノ、ニューヨークに続く)のロースタリー「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」の外観も太宰府と同じく隈研吾氏が手掛けています。

筆者も昨年オープンと共に行ってきました。

もちろんこちらの外観にもスギが使われています。

STARBUCKS RESERVE® ROASTERY TOKYO
筆者撮影

こちらは目黒川沿いの名物桜の木から着想し、全面ガラス張りでもちろん隈氏の得意とする木のぬくもりも最大限に生かしたデザインになっています。

ちなみに内装デザインは他のロースタリーも手掛けるLiz Muller氏によるものです。

この銅板の貯蔵庫にひらひらと装飾されているのは2100枚もの桜の花びらのモチーフ。

スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京
筆者撮影

スターバックスリザーブロースタリー東京はコーヒー豆から焙煎に至るまでこだわり抜き、焙煎工場を併設したコンセプトショップ。

各階それぞれに異なるテーマがあり、最高のコーヒー体験を楽しめます。

筆者が訪れたのはの6月。

オープンして数か月後にもかかわらず、夕方でも入場制限がかかっていて整理券を発行して呼ばれるまで40分ほどかかりました。

スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京
筆者撮影

1階コーヒーフロアは人で溢れかえっていたのでこの時は断念💦

日本初上陸のイタリアンベーカリーPrinci(プリンチ)が気になったのでその場で食べる用と明日の朝ごパンお持ち帰り用に数点購入。(お値段はあまり可愛くないですw)

席を探しながら2階のティーフロアへ。

しかしまたもや大混雑だったので断念…w(次回コーヒー紅茶どちらもリベンジしたいです…)何とか3階のバーフロアに落ち着き、ビールを注文しました。

スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京
筆者撮影

とにかく雰囲気が良い店内は混雑していても居心地抜群で、ビールのほろ酔い具合も相まって、筆者も夢見心地。

またスターバックスリザーブロースタリー東京で販売されているのはオリジナルメニューで、通常のスタバでは味わえないものばかりなのも魅力の一つです。

逆に通常メニューをお探しの方は別店舗に行かれた方がいいかと思います💦

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京
筆者撮影

とにかく映えスポットが所狭しと並んでいるのでついつい足を止めてシャッターを切りたくなります。

また、おしゃれな家族連れやカップルも多く刺激的でした。

1階には様々な限定グッズも販売しているので、贈り物を選ぶのにも良さそうです。

太宰府と合わせて中目黒のスターバックスリザーブロースタリー東京もスタバ好き・隈研吾ファンならば一度訪れる価値ありです。

スターバックスリザーブ®ロースタリー東京

住所:東京都目黒区青葉台2-19-23
営業時間:7:00~23:00
https://www.starbucks.co.jp/roastery/

まとめ

太宰府スタバ
Guidoorスタッフ撮影

いつもと違うワンランク上のスタバ。

その土地ならではのスタバでコーヒーを味わってみるというのもまた一つ旅の楽しみになると思いませんか。

建築美とコーヒーの組み合わせが織りなす大人な空間をぜひ皆さんも堪能してみてください。

太宰府関連記事

Guidoor Media | ガイドアメディアには他にも太宰府にまつわる記事をご用意しています。

 

[smartslider3 slider=3]

【令和ゆかりの地【太宰府】抑えておくべき観光スポットを徹底紹介♪】

【福岡太宰府の定番!梅ヶ枝餅をのんびり食べ歩き】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

Honami
大学卒業後、アパレル企業に就職するも、毎日深夜に声を枯らして帰宅する生活に疑問を感じ、幼少期を過ごしたフランスへ癒しを求め遊学。 自分よりも日本を知る外国人達との出会いで恥を知る。 帰国後はファッション専門学校で広報職を経て、現在に至る。 旅行・ビール・ファッション大好き。 関連する記事