柳川さげもん 福岡の可愛いらしい吊るし雛で祝う伝統のひな祭り

さげもん
さげもん

momo105さんによる写真ACからの写真

新しい年を迎え、お正月という一大行事が終わると、節分バレンタインデーなど世の中はまた次々とやって来るイベントの準備で慌ただしくなります。

そして桃の花が色づく春のはじめには、女の子にとって特別な桃の節句「ひな祭りが待っています🎎

様々なひな人形や風習は、幼い子どもたちだけでなく大人の心も惹きつける、日本独自の伝統的な美しさを放っていますよね。

 

さげもんとひな祭り

ikkiさんによる写真ACからの写真

そんなひな飾りの中でも、一際個性的で可愛らしく筆者も目を奪われたのが、福岡県柳川市の「柳川さげもん」です。

通常のひな壇の隣に吊るされている様々な形をした手作りのさげもんには、古くから女の子の誕生と成長を祝う深い意味が込められてきました。

今回は一つ一つ手作業でつくられるまさにジャパンクオリティな「さげもん」を通して、日本のひな祭りの伝統美を皆さんにお伝えできればと思います。

柳川さげもんとは

この章では柳川さげもんの歴史や、一つ一つの作品に込められた意味を紐解いていきます。

親から子、子から孫へと受け継がれていく美しいジャパンクオリティの世界にきっと心揺さぶられるはずです。

柳川さげもんはこうして生まれた

さげもん

KOHARUSANさんによる写真ACからの写真

さげもんづくりの始まりは定かではないですが、江戸時代末期だと言われています。

柳川藩の奥女中が端切れや着物の残り布で子どもたちのおもちゃや琴爪入れをつくったのが原型で、いつしかそれらをぶら下げて愛でるようになったようです。

里帰りの際に女中たちが世間に広め、高価で手の届かないひな壇に比べて自宅でも作れるさげもんは庶民の暮らしに馴染むひな飾りとして親しまれるようになりました。

 

さげもん

Tempworksさんによる写真ACからの写真

その後、さげもん制作を裁縫実習として取り入れたことで婦人たちに作り方が広く伝えられ、個々にまちまちだった見た目が統一されて現在の形に発展しました。

一般的にはひな段を父方の実家が用意し、さげもんを母方の親族が用意するという風習が根付いています。

一時はさげもんづくりも下火となっていましたが、1995年から市をあげての取り組みで「柳川ひな祭りさげもんめぐり」という名のお祭りが始まり、貴重なさげもんが一般公開されたことによって改めて魅力が見直され、外国人観光客からも大変人気を集めています。

柳川さげもんの成り立ち

さげもん

medetaiさんによる写真ACからの写真

柳川さげもんは1列に7個の細工が下げられ、紅白の布を巻いた等間隔の竹輪に7列結び付けられるようになっています。

さらに中央に大きな毬(まり)が2個。

(7×7)+2=51

この数には意味があり、昔は“人生50年”と言われていた中で1年でも長く生きられますようにという意味を込め51にしたようです。

 

さげもん

シェルさんによる写真ACからの写真

一つ一つ手作りのさげもんをさげる順番も決まっていて、上中段には「飛ぶもの・山のもの・木になる(咲く)もの」

中下段には「水中のもの・動物・人形」、そして最下段には「這い人形(這っている赤ちゃんの姿に似せた人形。)・柳川毬」となっています。

またさげもん一つ一つのモチーフも下記の様に決まっており、それぞれに親から子への願いや意味が込められています。(モチーフ一つ一つの意味が気になる方はこの記事のまとめをご覧ください。)

柳川毬

さげもん

coji_coji_acさんによる写真ACからの写真

中心に2つ吊るされている毬は「柳川毬」と呼ばれる柳川独自の指定特産工芸品で、本来は草木染めでつくられていました。

現在ではリリヤン(レーヨンを細かく編み込んだ手芸用の紐)の堅牢染め(堅牢度が高い染め方。堅牢とは丈夫さの度合いなので、ここでは色落ちや変色、汗水に強い染め方という意味。)によってつくられています。

 

さげもん

ぷらむさんによる写真ACからの写真

元々は女の子が生まれた家にその子が気立てが良くマメであるようにと願い、5色の糸を巻いて作ったのが始まりです。

一つ一つ手作業の柳川毬は菊や椿、花菖蒲などの鮮やかな柄が多く、縁起ものなので赤やピンクなど鮮やかな色合いで構成されているのも特徴です。

さげもんの様々な種類

さげもんサル

405さんによる写真ACからの写真

さげもんはひな壇の前に飾る豪華絢爛なものと、その飾りを引き立てる単一なモチーフでつくられたシンプルなさげもんに分かれます。

例えばい草が柳川の蒲池地区ではたくさん栽培されていることから、い草を傘に細工したものだけを下げた「い草傘のさげもん」や、折り紙や広告チラシを扇状にしてつくった「紙細工のさげもん」。

 

さげもん

とりあし さんによる写真ACからの写真

他にも金魚だけだったり、手まりだけだったり、水引を下げたさげもんなども柳川では見ることができます。

それぞれメインのさげもんを引き立てつつ全てが調和している美しさや俯瞰で見た時の迫力は計り知れません。

柳川雛祭り「さげもんめぐり」

 

さげもん

405さんによる写真ACからの写真

毎年2月の中旬から4月上旬にかけて柳川市では柳川雛祭り「さげもんめぐり」と称した大々的なお祭りが開かれています。

普段見ることの出来ない貴重なさげもんの数々を一般公開しているため、繊細で色鮮やかな逸品を思いっきり楽しむことができます。

また柳川ならではの「おひな様水上パレード」やさげもんの展示即売会なども行われています。

 

柳川の川下り

上原淳也さんによる写真ACからの写真

女の子のいる家庭や女性はぜひ自宅用に自分だけのさげもんを購入してみてはいかがでしょうか。

ものによっては手ごろに手に入るものもあり、可愛らしさに惹かれついつい手に取りたくなると思います。

あまり馴染みのないさげもんを身近に感じられる貴重な機会なので、ぜひ足を運んでみてくださいね👍

柳川雛祭り 「さげもんめぐり2020」

開催日時:
2020年2月11日(祝・火)~4月3日(金)
プレオープン期間:
2020年1月24日(金)~2月10日(月)

問い合わせ先:
0944-74-0891(柳川市観光案内所)

イベント詳細と期間:
「さげもん展示即売会」1月25日(土)/1月26日(日)10時~16時
「おひな様始祭/行列」2月11日(祝・火)10時~
「ときめきひな灯りと巨大さげもん」2月11日(祝・火)~4月3日(金)
「恵美須ひな小路」3月上旬~3月中旬
「雛めぐり舟運行」3月7日(土)~3月29日(日)間の土日のみ運航
「柳川きもの日和」3月7日(土)/3月8日(日)10時~15時
「おひな様水上パレード」3月15日(日) 11時~12時20分

※雨天時22日(日)に順延・「流し雛祭」4月3日(金)詳細はチラシまたはHPへ
http://www.yanagawa-net.com/news_event_detail.php?id=101

桃の節句「ひな祭り」の歴史

3月3日がひな祭りであるということは、日本人であれば知らない方はいないかと思います。

しかしひな祭りが元々どの様に発祥し、なぜ女の子の幸せを願う桃の節句となったのかをご存知の方は少ないのではないでしょうか。

せっかくなので、今年はひな祭りの豆知識を頭に入れながらお祝いしてみませんか。

中国がルーツの節句

ひな祭り

ATOHSさんによる写真ACからの写真

ひな祭り及び桃の節句は唐の時代(618~907年)に制定され、日本には奈良時代の初頭に伝来しました。

皆さんもよく知る下記の5つの節句の一つ「上巳の節句(じょうしのせっく)」が、桃の節句すなわちひな祭りの正式名称です。(上巳とは3月上旬の巳の日を表します。)

1月7日「人日(じんじつ)の節句」=「七草の節句」

3月3日上巳の節句」=「桃の節句(ひな祭り)」

5月5日「端午の節句」=「菖蒲の節句(こどもの日)」

7月7日「七夕の節句」=「笹の節句」

9月9日「重陽(ちょうよう)の節句」=「菊の節句」

節句をこの様に並べてみるとすべてが季節の変わり目にあり、それぞれ五穀豊穣や無病息災、子孫繁栄を神に願い、邪気を祓う大切な文化であることがわかります。

上巳の節句が桃とひな人形になぜ結びついたのか

ひな人形

ガイムさんによる写真ACからの写真

唐からやってきた上巳の節句ははじめ、天皇の為の禊(みそぎ)の神事として行われていました。

しかしその後、3月の巳の日に人々が災いや厄を祓うため人形(ひとがた)で自分の体を撫でることで邪気を移し、その人形を川や海に流す風習が定着していったことから「流し雛(ながしびな)」として発展していきました。

 

ひな人形と三色団子や和菓子たち

Emmieさんによる写真ACからの写真

また時を同じくして平安時代に宮中の少女たちの間で「ひいな遊び」と呼ばれる紙の人形を使った遊びが流行したこともあり、ひな人形を飾るという習わしが生まれていったようです。

実際に庶民の間に広まり、一般的な行事としてひな祭りが認められるようになったのは江戸時代に入ってからで、いつしか女の子のための節句として祝うようになっていきました。

 

桃の花

ぱんち・らさんによる写真ACからの写真

そして「桃の節句」と呼ばれるようになった理由ですが…

ちょうど3月の上旬ごろは桃の花が咲く季節、中国の上巳の節句では桃の花を愛で、桃のお酒を飲むという風習があったようで、上巳よりも馴染みのある「桃の節句」という言葉が日本では定着していったと考えられます。

また桃は不老長寿のシンボルでもあり、「木」に「兆」と漢字で書くことから、物事の始まりや生命の兆し(きざし)、死などの悪い邪気を祓う神聖なものとしても節句にはうってつけの植物だったため、いつしか桃の節句という言葉が浸透していったともされています。

ひな人形を飾る時期

ひな人形

honanaさんによる写真ACからの写真

ひな人形は厄除けの身代わり人形でもあるので、実際に飾る際は3月3日の当日だけでなく、早めの2月中旬ごろに飾り始めるのが良しとされています。

具体的には立春の日かその周辺の大安や友引の日を選ぶと良いでしょう。

またひな人形の姿が婚礼の様子を表していることから結婚の象徴とも考えられ、3月3日を過ぎて飾ってしまうと行き遅れてしまうというのを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

これらのことからひな人形は2月中旬から飾り、3月3日を過ぎたら一刻も早く片付けることをおすすめします。

ひな祭りに食べるもの

ひなあられ・菱餅

涼風さんによる写真ACからの写真

ひな祭りと聞くと、ひな人形だけでなく様々な食べ物を連想される方も多いのではないでしょうか。

まずは春を連想させる色合いの「ひし餅」。

ひし餅は古代中国にて上巳の節句で食べられていた母子草(ははこぐさ:キク科の越年草)でつくられたお餅が原型で、母子ともに健康で過ごせることを願ったお菓子です。

日本に伝わった際に変化を遂げ、魔除けの赤・子孫繁栄や長寿、純潔を表す白・厄除け、健康祈願の緑の三色になりました。

 

ひなあられ

夏男さんによる写真ACからの写真

このひし餅を砕いて細かくしたものと言われているのが「ひなあられ」です。

世間にひな祭りが浸透し始めたばかりの江戸時代では、ひな人形を室内に飾るだけでなく、野山や海辺に連れて行きひな人形に春の景色を見せてあげる「ひなの国見せ」が当たり前のように行われていました。

今でいうピクニックのようにお菓子を持参し、人形と共に過ごしていたようですがこの際に持ち歩きやすかったこともあり、ひなあられが生まれたようです。

また関東と関西では形状や作り方も違うのでそれぞれを比較してみるのも面白いかもしれません。

 

さげもん

hanahanaさんによる写真ACからの写真

福岡柳川の独特なひな飾り「さげもん」にはじまり、日本の伝統行事ひな祭りについて触れてきましたがいかがでしたでしょうか。

一時期は日本の四季を楽しむ行事も下火になっていましたが、現在ではSNS効果もあり、また改めてその季節ならではの日本の伝統や文化を楽しむことが見直されつつあるように感じます。

今年のひな祭りは可愛らしいさげもんと一緒にお祝いしてみるのも一味違ってとても素敵だと思います🎎

さげもん画像1 [su_spoiler title=”モチーフに込められた意味はこちら①” style=”fancy” icon=”chevron”]蝉(せみ):辛抱強さ(土の中に長年いることから)・元気な産声(鳴き声)

蝶(ちょう):綺麗に着飾って嫁に出したいという親心

鳩(はと)/カナリヤ:幸せと平和のシンボル・美しい歌声

鶏(にわとり):早起き・つがいで仲良く卵を温め育てることから勤勉な母となり子育てに励んでほしいという願い

鶴/亀:長生き

唐辛子:悪い虫が付かないように

梅の花:春に先駆けて咲くことから強く美しく育ってほしいという願い

桜:みんなを楽しませる

桃の実:育てやすく実が多くなるので多産の象徴・女の子の厄払いの意味

みかん:城内の宮川家のみかん(柳川は宮川早生温州みかん発祥の地)

桔梗(きっこう):物静かで上品

瓢箪(ひょうたん):無病息災

苺:赤色は厄除け、魔除けの色[/su_spoiler] さげもん2の画像 [su_spoiler title=”モチーフに込められた意味はこちら②” style=”fancy” icon=”chevron”]這い人形:赤ちゃんの健やかな成長を願う親心

三番兜:祝いの象徴・無病息災・家内安全・商売繫盛

おかめ:愛嬌美人になるように

宝袋:生活の豊かさ・心の豊かさ・誰からも尊敬される人物になってほしいという願い

蛤(はまぐり):二枚貝は貞操の象徴・娘の幸せを祈る意

金魚:優雅さの象徴・見る人の目を楽しませる美しくも品のある女性に育ってほしいという願い

海老:腰が曲がっていることから年を取っても元気な長寿の願い 

ねずみ:子だくさん

うさぎ:大人しくて愛らしい・元気に雪山を遊びまわってほしい

サル:子供を大事にする・元気に遊びまわる

ひよこ:可愛らしさ・あどけなさ[/su_spoiler]

福岡関連記事

Guidoor Media | ガイドアメディアには他にも福岡県にまつわる記事がたくさん。

福岡旅行をもっとディープに楽しんでみませんか。

【福岡】柳川の北原白秋生家・記念館で文化と歴史を学ぶ

本場福岡の絶品明太子5選「バリうまか~!」

おしゃれ女子が大注目!!話題の糸島でフォトジェニックドライブ

幻の名器 芦屋釜 お茶を嗜み日本を味わう~福岡県芦屋町~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

Honami
大学卒業後、アパレル企業に就職するも、毎日深夜に声を枯らして帰宅する生活に疑問を感じ、幼少期を過ごしたフランスへ癒しを求め遊学。 自分よりも日本を知る外国人達との出会いで恥を知る。 帰国後はファッション専門学校で広報職を経て、現在に至る。 旅行・ビール・ファッション大好き。 関連する記事