クラフトビールの先に見据えるもの/京都・DIG THE LINE 大東赳彦

今回は、先日開催されたクラフトビールの祭典「Brewskival 2020 in Tokyo」の主催者、DIG THE LINE(ディグ・ザ・ライン)で代表取締役を務める大東赳彦(おおひがしたけひこ)氏に、お話を伺いました。

蔵元をルーツに持つ特異な会社

DIG THE LINEは、京都を拠点にヨーロッパを中心とした世界各地のクラフトビールや酒類を発掘し輸出入・販売、飲食店舗の経営を行なっている、日本酒の蔵元だったという特異なルーツを持つ会社です。

インポーター(輸入業者)であり飲食業も展開するという、ジャンルや立場に捉われない新しい時代を見据えたコミュニティや空間の設計は非常に刺激的で魅力に溢れています。

—「DIG THE LINE」のビジネスのキッカケを教えてください。

大東:元々は株式会社酒八(さかはち)というのが母体にあってですね。そこは昔は日本酒の蔵元だったんです。私で6代目と言われているんですが、日本酒の醸造としては廃業しており、大きな日本酒の蔵が当時の姿を今に伝えるのみです。

飲食店舗を中心にした事業店舗を展開しています。元々酒蔵であったということもあり、もう一度メーカーに戻りたいと考えています。

日本酒の蔵元を営んでいた頃の姿
奥の柱には「酒八」の文字が見える
提供:DIG THE LINE株式会社

メーカーに戻るのは既定路線でいいのですが、流通やコミュニティの纏い方など、様々な部分を少しずつブラッシュアップして作っていきたいなと考えています。酒八のビジネスに大きく伴奏するカタチで作った会社、そういう意味で「DIG THE LINE」を立ち上げました。

また、日本でも最近はクラフトビールがすごく手軽に楽しめるようになりました。「BEFORE9」、「ANOTHER8」、「DIG THE LINE BOTTLE & BAR」の3店舗は、全てクラフトビールを扱う飲食店を経営していますが、元々私たちは日本酒発進の会社です。

日本酒って割と固い席で飲むようなイメージがありますよね。同じ醸造酒のビールは、音楽を聴きながらなど、カジュアルな空間を作ることができます。

日本酒にもそういったカジュアルな提案ができたらという想いと、豊かな空間が息づくようにという思いを込めて作っています。

そういう意味でいうと、ビールも日本酒も「クラフト」というキーワードに、飲ませる空間、商品そのものが変わりつつあるなと言う印象ですね。そのタイミングで私たちは事業をスタートしました。そしてクラフトビールのインポートは本当に面白い仕事です。ビールはご存知の通りですが、クラフトビールというワード自体も、人口に膾炙(かいしゃ:広く世の人々に知れわたっていること)されています。

そんな中、日本酒はまだまだ違った未来があるんじゃないかと思っています。

クラフトビールの次に見たい世界

—日本酒もクラフトビール同様、ここ近年の日本食ブームや、流通技術が進んだというのもあり、世界的にかなり人気が高まっていると思いますが、いかがお考えですか?

大東:我々がビジネスとして日本酒に取り組むのは、まだこれからの話ですが、少しずつ状況が改善しているなという気はします。

ですが、私たちがやりたい、私たちが見たい「日本酒がある世界」というのはまだまだ別にあるという気がしています。

その下地をつくる。それを本気でやっていきたいと思っています。

母屋のフロントに位置したラウンド型のカウンター
醸した日本酒「千代司」を陶器のボトルで量り売りしたとのこと
提供:DIG THE LINE株式会社

母屋の前に佇む当時の蔵元たちの勇ましい姿
「千代司」の前掛けをしている姿も見える
提供:DIG THE LINE株式会社

—ワインなどと比べると、品質の高い日本酒でも単価が安いとも言われていますが、どうお考えですか?

大東:価格のレンジが狭いというのは、よく言われているところですね。

でも、それはやっぱり需要と供給の問題でもあります。もちろんちゃんと価格を取るような日本酒があってもいいと思います。

そこでまずはそのベースの部分っていうのを世界的にどう構築していくのかが重要ですね。ブラッシュアップもですが、もちろんリスペクトも大事にしています。昔のことを学びつつ、今ある状況を的確に把握していく。でも、新しいことはやっていきたいです。

新しい価値観を作ると言うと大げさになるかもしれませんが、日本酒がごく普通にフランスのレストランにも置いてあるような状況にしたいですね。

「日本酒はやっぱりワインに負けず美味しいよね、ビールのように楽しいよね」という状況を作っていきたいなと思っています。

旧京都中央電話局の建物をリノベーションした複合商業施設「新風館」
その佇まいを写真に収める人も多い

東洞院通りに面した新築部分の1階に位置する
フラッグシップショップの「DIG THE LINE BOTTLE & BAR」

著名な建築家に依頼した店舗設計は
商業施設のコンセプトにも合うようデザインされたという

店内のディスプレイのひとつひとつが洗練された造りとなっている

—Brewskival(ブリュースキーバル)開催のきっかけについて教えていただけますか?

大東:ブリュースキーバルは今年で5回目で、日本で開催するのは初めてでした。

昨年まで本国のスウェーデンで開催されていました。本当は今年8月に我々も日本のブルワリー各社を現地に連れて行く予定でした。だったのですが、このご時世で流れてしまいました。

とても残念だとみんなで思っていたところ、何かしらカタチは変えてでも実施できないかなと思ったのが今回開催のキッカケでした。

ブリュースキーバルはヨーロッパでは非常に有名なビアフェスです。

イベントを主催しているマーカスとは、彼のブランドの「Brewski(ブリュースキー)」を弊社でインポートしている関係で、「いつか日本でもブリュースキーバルみたいなものが出来ればいいよね」という話は以前からありました。

ブリュースキーの創業者でブリュースキーバルの主催者でもあるマーカス
引用:DIG THE LINE ONLINE STORE 公式Instagram

まさか、本国のスウェーデンで中止になったから東京で初開催、という流れは想定外でしたが。

今回はフェスと言いつつも、協力してくれた店舗の力を借りつつやってるというところで、ちゃんとした「ビアフェス」というカタチでの開催に向け、今後に繋げていきたいなと考えています。

—これを機にまたこういったフェスが出来たらすごくいいですよね。

大東:そうですね。ブリュースキーは本当に良い付き合いをしているブルワリーで、やっぱりそのブランド価値など、ちゃんと日本で広めていきたいと考えています。

そういう意味でも、今後ブリュースキーバルのようなイベントやビアフェスを日本でやっていくのは良いことだと思います。

色々な国内でのブランディングの仕方があると思いますが、ひとつの有力な手段ですね。

地道にファンを増やすということもとても大事です。そこも含めて「DIG THE LINE」として貢献していきたいなと思っています。

デンマーク発の有名ブルワリー「Mikkeller」が京都で味わえる!

デンマークのブルワリー「Mikkeller(ミッケラー)」のMikkeller Kanda(ミッケラー カンダ)ハンバーガー

世界で愛され続けるデンマーク発のブルワリー「Mikkeller(ミッケラー)」とのコラボレーション企画として、Mikkeller Kanda(ミッケラー カンダ)の代名詞であるハンバーガーが食べられる「Mikkeller Burger Pop-up in Kyoto」 が2020年11月6日(金)〜8日(日)の3日間、DIG THE LINE BOTTLE & BARで実施されます!

追記:こちらのイベントは大好評のうちに終了しました!

引用:DIG THE LINE BOTTLE & BAR 公式Instagram

<Mikkeller Burger Pop-up in Kyoto>

現在、世界10カ国以上に店舗を構え、北欧クラフトビール界の先駆者として一目置かれるミッケラー。

国内2店舗目であるミッケラー カンダは、「ビールに合うハンバーガーが食べられるミッケラーのお店」をコンセプトに、期間限定営業として2020年6月のオープン以降多くのお客様から支持されています。

今回、DIG THE LINE BOTTLE & BARとのポップアップには、ミッケラー カンダで提供されている「シングルチーズバーガー」、「トリプルチーズバーガー」、「ベジコロッケバーガー」に加え、このイベント限定のメニュー「DTLスペシャルバーガー」の4種がラインナップされます。

ハンバーガーは、和牛100%のパティを使用した日本では珍しい「Smash Burgar(スマッシュバーガー)」製法を採用。丸めた肉団子を厚み1cm以下までグリドルの上で押し潰す(スマッシュする)アメリカのオールドスクールな調理法。

外はカリカリ、中は肉の旨味がしっかり残り、トッピングはピクルス、玉ねぎ、チーズのみのシンプルなスタイル。クラフトビールとの相性バッチリで食べ応え抜群のバーガーです。

樽生で提供されるミッケラーのクラフトビールと、この3日間限定垂涎必至のスペシャルなハンバーガーとのコラボレーションを、ぜひ現地で味わってみてはいかがでしょうか。

●実施概要 
日時:2020年11月6日(金)、7日(土)、8日(日)
ハンバーガー提供時間:6日 17:00 – 24:00/ 7日 17:00 – 24:00/8日 11:00 – 16:00
※1日50食限定(ベジコロッケバーガーは1日7食)

(こちらのイベントは終了しました。)

写真提供:DIG THE LINE株式会社

<チーズバーガー(ポテト、サラダ付き)>

シングル 税込1,300円/トリプル 税込1,700円

<ベジコロッケバーガー(ポテト、サラダ付き)>

税込1,300円

<DTLスペシャルバーガー(ポテト、サラダ付き)>

税込1,500円

DIG THE LINEのコンセプトと空間を楽しめるお店

【DIG THE LINE BOTTLE & BAR】

「DIG THE LINE」が輸入したクラフトビールを中心に、国内外からセレクトしたゲストビール・蔵元直送の日本酒を販売。クラウラーで缶詰したビールを持ち帰ることができる ”TAP TO CAN” サービスも展開。ここ ”新しい京都” が世界の街角になり、豊かな ”ライン” を纏いつつ、広く世界のヒト・モノ・コトにひらかれた場となるよう、願いを込めて。

引用:DIG THE LINE BOTTLE & BAR 公式Instagram

【BEFORE9】

京都で、古い町家を再生して次代に残していく、作り手の思いが今に息づく、日本の手作りのお酒を楽しむ場を提供したい、街の延長線のようなこの場所で、世界中の人たちが自然と輪をなし繋がっていく、そんな空間になることを願ってBEFORE9は始まった。

引用:BEFORE9 公式Instagram

【ANOTHER8】

東京・目黒にある権之助坂の路地に佇む、元ガレージ。「ANOTHER8」から京都を眺め、「BEFORE9」から東京を眺め、そしてその視線の先に大きな世界が広がるよう、想いを込めて。白い大きな壁と石垣を抱く建物に、京都からやってきた。

引用:ANOTHER8 公式Instagram

Hachi Record Shop and Bar】

アナログのレコードショップ、バーラウンジを備えた「BEFORE9」、「ANOTHER8」 に続く姉妹店。旧遊郭の余韻を今に残しつつ、近代洋館の意匠を纏った不思議な佇まいの京町家を改装。

引用:Hachi Record Shop and Bar 公式Instagram

Photo by Reiko Suga / Yu Sakai

2件のコメント

こんばんは
埼玉県所沢で酒屋しております
日野屋酒店 飯島といいます
価格帯やロットにもよりますが
缶ビールのお取引等できるのでしょうか?
よろしくおねがいします

こんにちは!コメントありがとうございます。クラフトビール大好きな編集部のTAROです。DIG THE LINEさんはストーリーがあって、すごくいいビール揃えています。もしよろしければ、商品に関するお問い合わせは、下記のDIG THE LINEさんのメールアドレスからお願いします。
iwantbeer@dig-the-line.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA