お土産選びがもっと楽しくなる!日本全国のジャパンクオリティ9選

 

世界に誇れるジャパンクオリティ

旅の思い出に、お土産として持ち帰るもよし。

日本の伝統的な技術をその場で体験するもよし。

匠の技術が結集されたとっておきのジャパンクオリティをご紹介します。

 

1.岡山県倉敷市児島 「ジーンズ」

 

長い洗濯紐にジーンズがつるされ空が輝いている様子

参照:倉敷市観光課

言わずと知れた国産ジーンズ発祥の地、岡山県倉敷市児島地区。

米作に不向きだった土地の弱点を生かし、綿花の栽培に着手したことでジーンズが生まれた町です。

岡山ジーンズは、CHANELやGUCCIなど高級ブランドや話題のヨーロッパブランドDENHAMのジーンズ製品にも採用されていて、ジーンズ愛好家を魅了しています。

 

ベティスミス・ジーンズ・ミュージアムの店内の様子。レトロなアメリカっぽい人形が飾られていて、デニムも並べられている様子。

参照:倉敷市観光課

そんな岡山ジーンズづくりの職人技を体験できるのが、日本初ジーンズの博物館「ベティスミス・ジーンズ ミュージアム」。

縫製工程までできたジーンズを購入し、好きなパーツを自分で選び、世界に1本だけのジーンズを手に入れられる注目スポットです。

 

ベティスミス・ジーンズ ミュージアム

住所:岡山県倉敷市児島下の町5丁目2番70号
TEL:086-473-4460
営業時間 :9:00〜18:00
休館日:年末年始
※見学は無料(体験ジーンズ税別¥7000〜)
https://betty.co.jp/

黄色い外壁に緑の窓の家にジーンズが5本干されている。
あわせて読む
言わずと知れた国産ジーンズの発祥地 “岡山県倉敷市児島地区”

 

2.香川県東かがわ市 「手袋」

黒・茶色・紫・赤などカラフルな革の手袋がお店の中で展示されている写真
参照:ODAN

うどんだけでなく、手袋の生産量日本一で有名な香川県。

伝統技術で革選びから裁断、そして縫製から仕上げまで丁寧に行われ、国内外でも人気の香川県の手袋。

駆け落ちした若者二人が生計を立てるために考えたアイデアが、県の一大産業となったというとてもロマンチックなサクセスストーリーを秘めています。

 

昔ながらの手回しミシンの写真
参照:ODAN

「東かがわ手袋ギャラリー」では、かつて手袋工場として使用していた場所に、当時の様子がわかるミシンなどが並べられ、手袋がアートとして展示されています。

歴史に思いを馳せながら、自分にぴったりの手袋をお土産として探してみるのも楽しいですね。

 

東かがわ手袋ギャラリー

住所:香川県東かがわ市引田2161-2
TEL:0879-33-5055
営業時間:10:00~16:00
定休日:水曜日
料金:無料
https://www.my-kagawa.jp/point/30

光に手を差し出している。手袋を付けた片手。
あわせて読む
恋する二人が紡ぎだした手袋ストーリー ~香川県東かがわ市~

 

3.長野県飯田市 「水引」

寿と書かれたご祝儀袋で、白と金の水引がついている

日本の冠婚葬祭の場面で欠かすことのできない「水引」の存在。

長野県飯田市は和紙作りから始まり、地名の由来が「結いの田」=「飯田」でもあることから水引と縁が深く、全国一位の生産量を誇っています。

1998年の冬季長野オリンピック長野パラリンピックでは、選手に贈られる記念品や入賞者に授与される月桂冠にも水引が採用されました。

 

カラフルな水引リースのアップ

そんな水引を一から作ることが出来る施設が「水ひき工芸館せきじま」です。

事前予約を行うと水引体験教室で箸置きやしおりなどかわいらしい水引の小物を作ることができます。

水引が持つそれぞれの意味を考えながら匠の技を体験し、ぜひ日本の文化を体感してみてください。

 

水ひき工芸館せきじま

住所:長野県飯田市中村1138-2
TEL:0265-25-4511
営業時間:8:30~17:30
http://inaji-group.com/sekijima/

ピンクや赤や金色の美しい水引のディテールがわかるアップ画像
あわせて読む
「結いの文化」から生まれた逸品~長野県飯田の水引~

 

4.三重県伊勢志摩 「真珠」

高級なビロードっぽい赤い宝石箱が開いていて中から真珠のネックレスが見える。一連真珠でトップにはダイアモンドの花モチーフ。
参照:ODAN

ジュエリー業界で知らない人はいない「MIKIMOTO(ミキモト)」の創業者で三重県伊勢志摩出身の御木本幸吉。

彼が長年の苦労と努力で生み出したのが日本初の養殖真珠です。

数ある困難を乗り越え、海外からも大きな注目を浴び「世界中の女性を真珠で飾りたい」という信念を生涯貫き通した幸吉。

 

(C)ISESHIMA TOURISM&CONVENTION ORGANIZATION 「ミキモト真珠島(全景)」

その歴史がぎゅっと詰まった三重県伊勢志摩で、自分へのご褒美にとっておきの真珠を選んでみませんか。

ミキモト真珠島は、海女さんの実演や幸吉が残した貴重な養殖の足跡を辿れるジュエリー好き必見のスポットです。

 

ミキモト真珠島

住所:三重県鳥羽市鳥羽1-7-1
TEL:0599-25-2028
営業時間:HP参照
入場料:大人1650円・小人(小・中学生)820円
http://www.mikimoto-pearl-museum.co.jp/index.html

白いシーツの上にピンク色の輝く真珠が巻かれている
あわせて読む
真珠の物語 人魚の涙=作り手の涙~三重県伊勢志摩~

 

5.広島県安芸郡熊野町 「熊野筆」

大きさが様々な毛流れのきれいな熊野筆が並んでいる
広島県提供

筆の原材料になるものが一切存在しなかったにもかかわらず、地元の産業を活性化させたいと江戸時代から筆づくりを始めた熊野町。

なでしこジャパンが国民栄誉賞を受賞した際の副賞やアメリカ大統領一家来日の際の贈り物。

ハリウッドやパリコレのヘアメイクも愛用するほど、今では世界的なブランドとしてその名を馳せています。

 

筆の里工房の内観で大きな筆が柱のように立っている様子
写真提供:広島県

この熊野筆を自分の手で作ってみることができるのが「筆の里工房」です。

巧みな職人技を自分の手で確かめ、世界が驚く熊野筆の素晴らしさを体感してみてください。

 

筆の里工房

住所:広島県安芸郡熊野町中溝5-17-1
TEL:082-855-3010
開館時間:10:00〜17:00 (入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始 ※臨時休館あり
入館料:大人600円・小中高生250円・幼児無料
http://fude.or.jp/jp/

筆縦に熊野筆(毛筆用のもの)がたくさんつるされている様子
あわせて読む
世界を魅了するジャパンブランド 広島県の熊野筆

 

6.岩手県遠野市 「ホップ」

木枠の窓辺に緑の美しいホップがたくさんなっている
参照:ODAN

日本では珍しいホップづくりに適した気候で、希少価値のある国産ホップをつくり続けている岩手県遠野市。

日本で売っているほとんどのビールは欧州や北米のホップでつくられているため、ホップまで国産のビールは今までにない香りを楽しめます。

 

広大な大地と青空の下、山々が後ろに取り囲む中に黄金色に輝くキンキンに冷えたグラスビール
参照:ODAN

ビール離れが進む現代でも様々なアイデアを出し合い、国産の美味しいビールを全国に広めようとしている遠野市の人々の作ったビールを飲みに行きませんか?

クラフトビールを愛する人たちが2018年にオープンしたビアレストランのおしゃれな雰囲気の中で遠野ホップを思う存分味わってみてください。

 

遠野醸造TAPROOM

住所:岩手県遠野市中央通り10-15
TEL:0198-66-3990
https://tonobrewing.com/

樽の上にジョッキに入ったビールとホップと麦が飾ってある写真
あわせて読む
国産ホップで作る正真正銘国産ビール~岩手県遠野市~

 

7.岐阜県加納地区 「和傘」

古い街並みを舞妓さんが赤い和傘をさして歩く後ろ姿
参照:ODAN

洋傘の台頭により日常では使われる機会が減ったものの、カラフルで繊細な造りが「フォトジェニック」だと話題を呼んでいる和傘。

美濃和紙の産地や竹が採れる場所が近かったことから目覚ましい発展を遂げ今も尚、伝統を守り続けている岐阜県加納地区。

はるか昔から、加納の和傘は他の地区の和傘と一線を画してきました。

 

白色と紫色の和傘がライトアップされ幻想的な様子
参照:ODAN

伝統的な和傘作りを体験し、匠の技術を間近で見られる2018年にオープンしたばかりの「長良川てしごと町家CASA」。

ぜひ、岐阜和傘の魅力を再認識してみてください。

 

長良川てしごと町家CASA

住所:岐阜市湊町29
TEL:090-8335-9759(和傘CASA)
営業時間:11:00~18:00
定休日:火曜・水曜 定休
https://www.teshigoto.casa/

様々な絵柄や赤白青など色とりどりの和傘がピラミッドのように重なりライトアップされている幻想的な写真
あわせて読む
ジャパンクオリティ和傘の魅力を伝え続ける“岐阜県加納地区”

 

8. 新潟県燕市 「カトラリー」

ステンレスのフォークとナイフ
参照:ODAN

栄誉あるノーベル賞授賞式後の晩餐会でも使われている新潟県燕市のカトラリー。

古くから金属加工技術に定評のある燕市だからこそ、つくり上げられた繊細で個性的なカトラリー。

手に馴染む感覚は、一度使えばすぐにわかります。

 

銅でできた輝く銅色のマグカップが二つ並んでいる
参照:ODAN

燕の技術を体験しオリジナルのスプーンやタンブラーをつくってみたい人におすすめなのが「燕市産業史料館」です。

金属加工の難しさや奥深さを肌で感じることで、燕のカトラリーの魅力をより実感できるのではないでしょうか。

 

燕市産業史料館

住所:新潟県燕市大曲4330-1
TEL:0256-63-7666
入館料:大人400円、小・中学生、高校生100円
開館時間:午前9時~午後4時30分
休館日:月曜日(祝休日の場合は翌日)、祝日の翌日、年末年始
http://www.tsubame-shiryoukan.jp/

筆者が実際に持っている筆者私物 燕カトラリー「SUNAO」のフォークとスプーンとナイフ
あわせて読む
世界の食卓にメイドインジャパン~新潟県燕市カトラリー~

 

9.福井県鯖江市 「眼鏡」

福井県鯖江市にあるめがねミュージアムの眼鏡づくり体験で作業をする様子。
福井県観光連盟提供

世界三大眼鏡の生産地の一つとして知られる福井県鯖江市。

「職人技が光る優れた耐久性」「細かい部分までこだわったデザイン」「高品質ながら求めやすい価格」の三拍子で国内外から人気を得ています。

鯖江の眼鏡をかけると他の眼鏡が心地悪く感じるくらい、軽くフィット感のある眼鏡を1本は手に入れてみたいものです。

 

鯖江市のべっ甲やオパール色のフレームの眼鏡の途中デザイン
鯖江市 眼鏡

さらにこだわりたい人は、「めがねミュージアム」で一から眼鏡をつくる教室に参加してみるのも楽しいかもしれません。

手作りのオリジナル眼鏡をかけると、今まで見えていた世界が新鮮に映るかもしれません。

 

めがねミュージアム

住所:福井県鯖江市新横江2-3-4 めがね会館
TEL:0778-42-8311
営業時間:めがねSHOP:10:00~19:00・体験工房/めがね博物館/SabaeSweets:10:00~17:00・MUSEUM CAFE:10:00~16:00
定休日:年末年始
https://www.megane.gr.jp/museum/

手前から茶色、黒、ピンク、赤のフレームのめがねが並んでいる写真
あわせて読む
鯖江の眼鏡で見える世界が変わる~福井県鯖江市~

 

旅の目的は見つかりましたか?

まさに「てづくり」のぬくもりの原点がジャパンクオリティには凝縮されている気がします。

五感を使って、ぜひ自分だけの旅を楽しんでください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
Honami
大学卒業後、アパレル企業に就職するも、毎日深夜に声を枯らして帰宅する生活に疑問を感じ、幼少期を過ごしたフランスへ癒しを求め遊学。 自分よりも日本を知る外国人達との出会いで恥を知る。 帰国後はファッション専門学校で広報職を経て、現在に至る。 旅行・ビール・ファッション大好き。 関連する記事