小豆島オリーブ公園に行こう!写真映え&おいしさ抜群♪

オリーブ公園内のギリシャ風車の写真。後ろ側から

旅行で楽しみたいことといえば?
素敵な風景を見る、映える写真を撮る、おいしいものを食べる…いろいろありますね。

この記事ではそんな欲張り旅も叶う観光スポット「小豆島オリーブ公園」をご紹介します。

カメラや帽子、着替えなどが机の上にまとめられた写真

写真提供:ODAN

「小豆島オリーブ公園」ってどんな所?

まずはこちらのインスタをご覧ください。

続いてこちら!

どちらもとっても映えてますね…!
「小豆島オリーブ公園」はその名の通り香川県小豆島にあります。

実写映画「魔女の宅急便」のロケセットがそのまま残るたくさんのフォトジェニックな風景とおいしいオリーブを楽しめる「思わず撮りたくなる」公園へ、さっそく出かけましょう。

小豆島オリーブ公園 アクセス

本土から小豆島に行くはフェリーを使います。
小豆島には複数の港があるので高松港高松東港(香川県)、新岡山港宇野港(岡山県)などから乗船できます。

小豆島の各港から「小豆島オリーブ公園」へは路線バスなどでアクセスが可能です。
・「オリーブ公園口」下車 徒歩5分
・「サン・オリーブ」下車 徒歩0分

【小豆島オリーブ公園】
公式サイト 道の駅 小豆島オリーブ公園
【住所】香川県小豆郡小豆島町西村甲1941-1

小豆島オリーブ公園で「魔法のほうき」を借りよう

オリーブ公園の風景

以下特別に記さない限り、写真はGuidoorスタッフ撮影

こちらがオリーブ公園です!
すぐそばに海が広がり、風景だけ見ても素敵な空間です。

オリーブ公園内のオリーブ記念館案内看板の写真

先ほどご紹介した空飛ぶ写真を撮りたい方は、まずは「オリーブ記念館」に向かいましょう。
「魔法のほうき」を借りることができます。

オリーブ公園内の魔法のほうきレンタル所

ラッキー!最後の1本だ!
平日午後(取材時期10月)に行ってもこの人気。
公園の方に聞いたところ、休日や長期休暇中はほうきを借りるための長者の列ができるそうです。

魔法のほうき掛け。黒猫型になっている

素敵な写真を撮りたいのはもちろんですが、写真にばかり気を取られて長時間独占せず待っている方のことも考えて借りたいところですね。

【魔法のほうき レンタル】
営業時間:8:30~17:00
料金:レンタル無料、公園内なら持ち出し自由
・ほうきは黒と白の2色あり

「ギリシャ風車」で“空飛ぶ”写真を撮ろう

オリーブ公園内のギリシャ風車の写真。後ろ側から

ほうきを借りたらイチオシのフォトスポット「ギリシャ風車」へ。
こちらは風車の後ろ横面。

オリーブ公園内のギリシャ風車正面からの写真

こちらが正面。
方向によって写真の印象が変わるので好みで選びたいところです。

ギリシャ風車を【後ろから】撮る

ギリシャ風車を【正面から】撮る

雑貨コリコでロケセット撮影

オリーブ公園内の雑貨コリコの外観写真

ギリシャ風車から6分ほど歩いて次の映えスポットへ。
こちらは実写映画「魔女の宅急便」で「グーチョキパン屋」とした使われたロケセットが雑貨屋として生まれ変わった「雑貨コリコ」です。

雑貨コリコの内装

店内は緑と赤を基調とした、まさに物語の世界観です!
写真OKなので存分に撮っちゃいましょう。

雑貨コリコの内装。ほうきがかけられている

キキのほうきでしょうか?
ミニサイズでかわいいですね。

雑貨コリコにある黒猫の雑貨

もちろん雑貨屋さんなので素敵なハンドメイドアクセサリーや雑貨なども売っています。
オリーブや魔女宅をモチーフにしたアクセサリーもあります!

雑貨コリコの外装

【雑貨コリコ】
営業時間:9:00~17:00
定休日 :年中無休

オリーブ公園で名産オリーブを堪能♪

写真撮影と散策に疲れたら、小豆島名産のオリーブでひと休みしましょう。

オリーブ公園内にあるコーヒースタンドの写真

魔法のほうきを借りたオリーブ記念館内にはコーヒースタンドとカフェがあります。
ほうきを返した後に寄ってみましょう。

オリーブ公園内のコーヒースタンドのメニュー画像

こちらはスタンドのメニュー。
オリーブソフトとコーヒーがあります。

オリーブソフトの写真

写真提供:香川県観光協会

オリーブソフトはオリーブの葉を練りこんだもので、抹茶のような苦みのなかに小豆島産オリーブらしいフルーティさを感じるさっぱりとした味になっています。
緑の外見もかわいらしいです。

カフェオリヴァスのメニュー画像

続いてカフェ「OLIVAS(オリヴァス)」のメニュー。
ここでは小豆島産オリーブオイルを使ったプレートやスープなどを楽しめます。

また冒頭でご紹介したインスタもこちらのカフェで撮られたものです。

【カフェ OLIVAS】
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:00)
定休日 :無休

お土産ももちろんオリーブ!道の駅でお買い物

オリーブ公園内の売店で買えるオリーブ製品の例

写真提供:香川県観光協会

小豆島のお土産は名産のオリーブづくし。
オリーブオイルはもちろん、化粧品やお菓子、工芸品があります。

オリーブ公園内には「『道の駅』オリーブ記念館売店」があるので要チェックです。

オリーブ記念館売店の写真

毎年10月はオリーブの収穫時期で、収穫されたばかりのオリーブを使った商品も多く登場します。

オリーブ記念館売店の写真。様々なオリーブオイルが陳列されている

オリーブの新実を使った商品は大人気で、すぐに完売します。
お土産をこだわりたい方は旅行時期もこだわることをおすすめします。

オリーブを使ったスキンケア商品(写真引用:オリーブ公園)
オリーブを使ったハンドクリーム(写真引用:オリーブ公園)

引用:小豆島オリーブ公園公式サイト

化粧品はオールシーズン女子人気の高いお土産です。
肌に優しく全身に使えるオリーブ化粧品はぜひひとつはゲットしたいところ。

【『道の駅』オリーブ記念館売店】
営業時間:8:30~17:00
定休日 :年中無休

オリーブ公園を隅々まで堪能♪フォトジェニックスポット

オリーブ公園を隅々まで堪能したい方、フォトジェニックスポットは撮り逃したくない方には下記のスポットもおすすめです。

オリーブ公園にある緑色のポスト

とっても珍しい緑色のポストや…

オリーブ公園にある大きな本のオブジェ

物語の世界につながっていそうな本のオブジェや…

雑貨コリコの庭先の写真

先ほど紹介した「雑貨コリコ」の庭も素敵ですよ♪

【まとめ】映える女子旅は「オリーブ公園」へ

映画の世界そのままのフォトジェニックな風景とおいしく肌に優しいオリーブが楽しめる「小豆島オリーブ公園」。
写真も撮りたい、おいしいものも食べたい、そんな贅沢旅の候補にいかがですか?

【小豆島オリーブ公園】
住所  :香川県小豆郡小豆島町西村甲1941-1
営業時間:8:30~17:00(年中無休)
公式WEB:http://www.olive-pk.jp/index.html

小豆島のオリーブの歴史についてはこちらもおすすめ。
Guidoor Media | ガイドアメディア「世界に負けない小豆島産オリーブ、110年の歴史」

緑色のオリーブの新実の写真

執筆:Yo-Ohtaki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
Guidoor Media 編集部
Guidoor Media編集部は、日本の文化や観光に特化したWebメディアです。日本の文化や歴史、観光地情報、アート、ファッション、食、エンターテインメントなど、幅広いトピックを扱っています。 私たちの使命は、多様な読者に向けて、分かりやすく、楽しく、日本の魅力を発信し、多くの人々に楽しんでいただくことを目指しています。 私たち編集部は、海外在住のライターや、さまざまなバックグラウンドを持つクリエイターが集結しています。専門知識と熱意を持って、世界中の人々に日本の魅力を伝えるために日々努めています。